たいやき好きOLのメモ

ジャニーズや日々の生活のことなど

学生時代と社会人になってからの応援スタンス、そしてジャニーズとK-POP

cori0922kw.hatenablog.jp

 

面白かったのでやってみます。まねっこさせて下さい。学生のときと、社会人になって一人暮らしを始めてから、もうガラっと応援スタンス変わりましたので比較します。そしてK-POP時代のも。(多いな)

 

--学生時代(中高大)※ジャニオタ--

担当: 渋谷すばる(一時本気愛でガチ病み)

▼雑誌を買う基準

3誌全部。テレビ誌は内容により。P誌も内容により。ドル誌以外に出たものも全買い。

▼CDを買う基準

全パターン買い。※初回・通常でカップリングが違う、特典が違う場合。エイトは、メンバーカラーのミサンガ付*1などがあったので、テンパる学生の私。

▼映像作品を買う基準

全買い。妹もエイターだった為、初回・通常は手分けして買ったりした。たまに二人で同じものを買う、ダブル買いもしていた。

▼現場に行く基準

チケットが取れれば行く。ただし詰まない。一番狭かった会場は富山県高岡市民会館。一番近かった会場は愛知県体育館のスタンド1列。村上くんと話せた奇跡の回。

▼遠征する基準

移動時間が片道5時間以内(陸路で)の場所。学生だったので交通費にお金はかけられなかった。

▼グッズを買う基準

すばるくん全買い。うちわは会場ごとに買うので同じうちわが散乱。長州小力意識かな?のすばるくんは7枚あった。*2他メンはビジュアルにより購入。

▼ジャニショで写真を買う基準

すばるくんが写りこんでいるもの全買い。私の目に触れる全てのすばるくんを手に入れるわよ!!!という気合い。ビジュのいいものは2枚買い。3枚買ったものもある。あとから掘り起こして「え!?なんで3枚もあるの!?」って毎回なる。髪の毛がボブロングくらいだったときのがツボ過ぎて一番多い。

--以上が大学生時代までの応援スタンス。お金を湯水のように注ぎ込んでいた。全てはすばるくんに遣っていた。すばるくんさえ居ればそれでいい、と思っていた信者時代。

 

--社会人 ※ジャニオタ--

担当: 担当というより「好き、どうか辞めないで」とデビューを願う子たち。

神宮寺勇太(Prince)、阿部顕嵐(Travis Japan)が特に好きなので箱推し。あとじぐいわ、京安。みんなデビューしてくれ…!頼む…ヒロム…!

▼雑誌を買う基準

神宮寺のビジュアル、トラジャのビジュアルによりけり。Princeはいわちと岸くんってビジュアル安定していると私は思っているので、神宮寺にかかっている。あとはインタビューの内容、各コーナーの内容。WUが一番購入率が高い。D誌P誌は低い。トラジャとストーンズがわちゃってると購入率が上がる。

▼CDを買う基準

担当関係なく、曲が好きなら買います。逆に好きなGでも曲が気に入らなかったら買わない、もしくはレンタルのみ。

▼映像作品を買う基準

気になったら買う。映像が大好きなので、とりあえずいつでも観られるようにストックしておきたい。最近買ったのは、これ↓

 とまさかのキンキ初回版。地元の中古屋で売ってた。

KinKi you DVD(初回生産限定盤)

KinKi you DVD(初回生産限定盤)

 

 

▼現場に行く基準

チケットが取れたら。クリエは全滅したし、詰める額ではなかった。サマステは考え中。あとはお友達が誘ってくれることが多いので誘われたら100%行く。

▼遠征する基準

彼氏にスケジュール合わせてるので遠征はしない。でも今後トラジャかプリンスデビューしてツアーするなんてことになったら遠征しちゃうな。

▼グッズを買う基準

ほとんど買わない。買ってもペンラかうちわのみ。

▼ジャニショで写真を買う基準

神宮寺の写りがよかったら。しかも厳選に厳選を重ねる。グッズやフォトは売ろうと思ってもほとんどお金にならないし、飽きたらゴミにしかならないことを知っているのでめちゃくちゃ気持ち抑えてる…でもちょびっとだけ買っちゃう…。

--以上が社会人ジャニオタの応援スタンス。

 

ここで番外編。大学時代K-POPオタだったときのスタンス。

担当: イトゥク(Super Junior)ソンギュ(INFINITE)

▼雑誌を買う基準

雑誌は買わない。極稀にHIGH CUTを購入。*3

▼CDを買う基準

全買い。といっても、フルアルバムとリパッケージアルバムくらいしか出さないし、何パターンも出さないのでありがたい。

▼映像作品を買う基準

とりあえず出たら買う。

▼現場に行く基準

日本に来たら行く。取れなかったら詰む。友人ネットワークを使いまくる。

▼遠征する基準

公演内容が気に入れば海外に飛ぶ。あとは公演先が行きたいところ(台湾とかロンドンとかアメリカとか)の場合はチケットの値段*4も考慮して飛ぶ。

遠征した中で日本から一番遠かった会場はアメリカ・ロサンゼルスのステープルズセンター。が、当時私はアメリカに住んでいたので、一応ベトナムホーチミンへの遠征が一番遠かったことになる。

▼グッズを買う基準

限定ものは買うが、公式はクソダサい&実用性ゼロのものが多いので買わない。K-POPはファンサイト(通称・ペンカフェ)がめちゃくちゃクオリティが高く、ファンならではのツボを押さえているオリジナルフォトブックやオリジナルグッズを販売するので、韓国語や中国語や英語を駆使して散財する。

▼ジャニショで写真を買う基準

これは、ファンサイトで、ということにすると、みんなお気に入りのファンサイトがいくつかあるはず。私の場合は自担(〇〇ファン)で大体4つ、自担以外の推しが2~3人いてそれぞれ2~3くらいお気に入りのファンサイトがあったので、毎年計5~7冊ほどフォトブックを購入していました。

--K-POP時代は飛行機代とチケット代がすごかった。海外だと1公演みるのに大体二桁遣っていたので、このときも気が狂っていたな。

 

こうしてみると、人生の半分狂ってるな、という感想。あんなに狂っていたのに、今は現場も行かずグッズも買わず雑誌もほぼ買わず、テレビやネットで情報得てニタニタしているくらいの茶の間以下なので、人ってここまで変われるんですね。一人暮らしで、日々生きていくのにいっぱいいっぱいだというのも理由のひとつ。オタクしてるほどの余裕が、家計にはない!

でもプリンスちゃんたちがデビューしたときの為に、今年から定期預金始めますね。崩させてくれよ、その定期を。頼むよヒロム。

 

*1:関風ファイティング時

*2:47都道府県ツアーのうちわ。ロンゲ黒髪前髪を斜めからオールバックにしてて完全に長州小力

*3:高クオリティ・ハイセンススタイリングを繰り出しまくる冊子ぽい媒体。日本では雑誌になって高めの値段で売られているけど韓国版は安いし大韓航空に乗るとタダで貰える

*4:代行を利用すると2~3倍になる。